プロミスの審査はこれだけ見れば大丈夫!

「プロミスの審査が不安...」

プロミスに実際に行ってきた画像

プロミスでお金を借りる時には必ず審査というものが存在します。これに落ちたら当然お金を借りることができないので、心配になることというのは当然のことなのです。もし、プロミスの審査に落ちたりすれば、信用情報に「落ちた」という傷がつき他の金融業者からもお金を借りることができなくなる可能性だってある訳です。当ページはプロミスの審査について1番分かりやすいページを目指しております。気になる項目をタップして進めてみてください!

 

 

プロミスの審査簡単チェックリスト!

プロミス実際に行ってきた画像

  • あなたの年収はいくらですか?
  • プロミスでは年収が0、つまり無職の人はお金を借りることができません。
    審査で使用される重要な情報の1つに年収があります。年収を聞いてその人の返済能力を計り、いくらまでお金を貸せるのかプロミスが審査するためです。プロミスは消費者金融なので法律的には年収の3分の1までお金を借りることができます。プロミスの申込ページでもしっかり年収を書く欄がありシミュレーションすることもできますのでチェックが必要です。

  • 他社へのローンはありますか?
  • 他社からの借入状況から複数借りてはいませんでしょうか?
    プロミスからお金を借りたいと思った理由が他の金融業者の支払いだったり、体重責務をしている状態であればプロミスの審査に落とされる場合がありますので、注意が必要です。他社への借入状態は金融業者内で情報が丸見えなのでもしそうであれば審査にも通らず信用情報に傷がつく恐れがありますので注意が必要です。

  • あなたの年齢はいくつですか?
  • あなたの年齢はプロミスが指定する20歳〜69歳でしょうか?
    プロミスを始めとする多くの消費者金融業者は20歳未満の方にお金を貸していません。未成年には返済能力がまだないと思われるからです。逆に69歳以上も何があるかわからないので、お金を貸していません。プロミスはお金を貸してその利子でお金を稼ぐビジネスなので返済能力がないと思われれば、プロミスの審査は通りません。

 

プロミスの審査は甘い?

プロミスの審査が甘いかどうか気になりますよね?
通るかどうか分からないので審査って不安ですよね。そんな気持ちから甘いかどうか気になる気持ちは理解することができます。
プロミスの審査は甘い訳がありません。
これは申し込む方全てに聞いてほしいのですが、プロミスの審査が甘いというのは嘘です。長年プロミスは優良な消費者金融で有り続けるのは審査に甘い人に貸しているからではなく、審査が通った人に対してのサービスが非常に良く、多くの人から何度も利用されるからです。そもそも審査を甘くする理由なんていうのは闇金や怪しい業者が謳う宣伝文句です。その点だけはしっかり覚えておいてください。

 

ですが、甘いかどうかはさておき、プロミスの審査には多くの方が通ってきているという事実はあります。
キャッシング業者には消費者金融と銀行がありますが、プロミスを始めとする消費者金融はお金を貸すことに特化してビジネスをしている企業です。その点、お金を貸す以外にも利益を出している銀行よりも間口が広いのは確かでしょう。

 

その点、消費者金融であるプロミスの方が銀行カードローンよりも審査は「通りやすい」ということになるでしょう。通りやすいといっても、金融事故を起こしている方や多重責務、総量規制に引っかかる方はプロミスの審査には絶対通りませんので、その点はしっかり認識しておきましょう。次はプロミスの審査に落ちる傾向のある人を紹介します。

 

プロミスの審査に落ちる傾向にあるのはこんな人!

プロミスの審査に落ちる傾向がある人についてまとめてみました。当サイトの方針としては「審査を受けるなら絶対に通れ!」でございます。プロミスの審査に落ちれば、自分の信用情報に傷がついてしまうだけですし、そうなれば、他の金融業者からもお金を借りることができづらくなります。そういう理由でこれらの条件に当てはまっている方はプロミスの審査を受ける前に慎重に考えましょう。

 

安定した収入がない人

安定した収入がない人、安定した仕事に就いていない人はお金を借りるのが難しくなる可能性があります。なぜなら、返済能力にばらつきがあるからです。プロミスの返済というのは毎月定額を支払う形で進められます。例えば15000円毎月返済していくというプランをプロミスで立てた場合、必ず毎月15000円支払わなければいけません。収入にばらつきがあれば、これが支払われない場合があると考えるのがプロミスを始めとする金融業者です。政府や銀行で働いている方が審査に通りやすいと言われる理由は実はここにあるんです。返済能力には毎月安定的な収入が見込めるか?という部分も審査されます。ベンチャー企業だったり、いつ潰れてもおかしくないような企業に勤めている人が審査に通らないのはこのような理由だったりします。つまり国や銀行というのはよっぽどのことがないかぎり潰れない⇒毎月安定的にお金を返済することができるという公式になるわけです。プロミスの審査に通りやすい会社や仕事が存在するわけです。

 

プロミス以外で金融事故を起こした経験がある人

金融事故を起こした経験がある人というのはプロミスの審査に落ちる傾向にあります。金融事故とはもっと詳しく言えば、3カ月以上の延滞履歴、自己破産、任意整理を行っている状態のことです。貸したお金の利子で儲けるプロミスはこういう傾向にある人に絶対にお金を貸しません。プロミス以外の消費者金融でお金を借りている人が3ヶ月返済を滞っていたり、自己破産していたり、そういった情報は裏で筒抜けなので騙すことができません。金融事故を起こしている間は申込さえしないことをおすすめします。プロミスだけでなくどんな審査でも落とされる確率が高く、落ちた履歴もしっかりと残っているので、絶対に止めた方がいいでしょう。ちなみに起こしてしまった金融事故の情報、つまりブラックリストに入れられてしまいますが、約5年ほどで解除されると言われております。それまでの間はお金を借りようとせず大人しくしておいたほうがあなたのためです。

 

プロミス以外の他社で借りすぎている人

他社からお金を借りすぎている方も審査に落ちる傾向にあります。
なぜならプロミスを始めとする消費者金融には「総量規制」というルールがあり、年収の3分の1以上お金を借りれないことになっております。例えば、年収が300万円の方が消費者金融からお金を借りる時は最大100万円となります。プロミス以外のアコムで50万円借りていたとしたら残り50万円しかプロミスでお金を借りることができません。審査時に100万円と申請してもほとんどの場合審査に落ちるでしょう。総量規制は消費者金融で借りたお金の金額合計で算出されます。アコムで30万円、モビットで50万円借りていた場合は残り20万円しかお金を借りることしかできません。プロミスの審査だけでなく消費者金融のルールですのでしっかり覚えておきましょう。

 

プロミスとはどんなローン?

そもそもプロミスがどんなカードローンなのかご存知でしょうか?
消費者金融として超人気があるプロミスですがプロミスとというのは会社名ではありません。正式名所はSMBCコンシューマーファイナンスが運営するサービスとして「プロミス」があります。三井住友ファイナンシャルグループの子会社ですので、消費者金融といえど有名な三井住友銀行がバックにいるということなのです。どんな人でも聞いたこともある企業なので安心できますよね。もともとはプロミスによるプロミスの運営だったのですが、大手の傘下に入ることで信頼としっかりしたサービスを提供できるようになりました。よく分からない資本で運営している消費者金融ではないので本当に安心です。

 

プロミスに審査を申し込むがおすすめの理由

プロミスは審査時間は最短30分で完了

プロミスの審査時間は最短30分で完了してしまうんです!SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは正式名所の消費者金融サービスです!プロミスが作った属性スコアリングシステムでは、同業他社の金融業者の審査で使われております。それ故、審査の早さがびっくりするくらい上がりました。プロミスは消費者金融でお金を貸すことをメインに事業を展開しています。だから借りる人の気持になったサービスになっているんです。銀行カードローンだったらここまで早いスピードでキャッシングすることなんてほとんどできません。お金を借りる時選ぶ条件として借りるまでのスピードを考える方が多いかもしれませんがスピードならプロミスの審査が1番です。30分でプロミスの審査が終わってしまいますからね!

 

プロミスの審査で使う提携ATMの数が業界最高クラス

プロミスが日本全国に11万以上のATMがあることをご存知でしたでしょうか?
あなたもこれまで生活してきた中でプロミスの看板が掲載されているATMを見たことはありませんでしょうか?これだけ11万以上あるとすればあなたの身近にもちゃんとあると思います。都会に行けば必ず目立つところにあるプロミスのATM、審査も簡単なのですぐ申し込んでしまいますよね。

 

プロミスの審査に通れば24時間365日振込融資を受けることができる

プロミスは審査に通りさえすればいつだって借り入れすることができます。
インターネットバンクの相性が最高です!プロミスは三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行しているなら24時間いつでも借入することができます。これをプロミスの「瞬フリサービス」といいます。もしこれを利用すれば、プロミスの審査に通りさえすればすぐキャッシングすることができます。瞬フリで最短10秒でプロミスの審査に通れば借入することができます。

 

大手消費者金融中、上限金利が最も低い

上限金利が18.0%の金融業者が多いですが、プロミスは17.8%の金利でお金を借りることができます。消費者金融は多くの人が借りている金融機関ですが、銀行カードローンと比較しても金額を借りればほとんど同じ条件でプロミスからお金を借りることができます。プロミスの審査に通りさえすれば、かなりいい条件でキャッシングすることができますね。申込はプロミスの審査に申し込みましょう!

 

プロミスの審査に通れば無利息期間が初回だけじゃない!

消費者金融にはプロミスを始めとするアコムやモビットなど同業他社が存在します。その多くは初めてお金を借りる方に対して30日間無金利でお金を借りれるサービスを提供しています。これってかなり便利ですよね。審査に通れば、30日間金利0でキャッシングすることができるわけですから。ですが、プロミスの審査に通るともっといいことがあるんです。プロミスの審査に通ると、初回以降も無金利サービスを行っているのです。メールや収入証明書を提出することでポイントを貯めることができます。そのポイントはプロミスの貯まったポイントを無利息期間と交換することができます。長く借りる方にはプロミス1社だけでいいのかもしれません。

プロミスの審査からお金を借りるまでの流れ

プロミスにおける最も簡単な流れを解説させていただきます。ただでさえ審査で心配なのに手続きがめんどくさかったら誰もお金を借りないですよね。審査に通りさえすれば多くの方が借りているプロミス、キャッシングまでの手続きも非常に簡単なので審査からお金を借りるまでの流れについてここで?明しておきましょう。

 

@パソコンやスマホからプロミスの審査に申し込み

プロミス公式サイトからまずあなたの情報を入力するところからプロミスの審査は始まります。必要な情報は3点です。
お客様情報(名前や生年月日など)
自宅情報(住所など)
勤務先情報(会社名や収入)
これを入力したら申し込み完了です。どんなに遅く入力しても数分で終わってしまうので初めての方からしたらこんなものかと思ってしまうほどプロミスの審査までのステップは簡単なのでびっくりするかもしれません。ですが、第一ステップはこれで完了です!

 

Aプロミスの仮審査後WEB契約

申し込みでの仮審査に通過したらその情報が本当に正しいのか審査します。在籍確認と本人確認ですね。在籍確認とは申請した会社に本当にあなたが勤めているのか確認するステップのことです。本人確認とは申込者本人なのか確認するステップです。
在籍確認に関しては間近の給与明細の提出など職場へ電話が掛けられるものを代替してくれたりもするのでもし不都合があったりしたらオペレーターへ連絡してみましょう。本人確認は本人確認書類をスマホのカメラで撮影してアップロードすればOKです。在籍確認と本人確認が済めば、お金を借りるまでもうすぐです!

 

Bプロミスの審査後、来店・自動契約機・振込

あとはお金を借りるだけです。ここからはどうお金を受け取りたいかによって流れが変わってきますのであなたの融通に合わせて選ぶといいかもしれません。

 

すぐお金を受け取りたい!

今すぐお金を受け取りたい場合は三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合のみ24時間お金を受け取ることができます。これがプロミスの瞬フリというサービスです。14:00を凄いてしまっている場合はプロミスの自動契約機、もしくはプロミスの店舗に直接向かいましょう。それが最も速くプロミスからお金を借りる方法になります。

 

翌日以降でも大丈夫!

キャッシングするためにはプロミスの審査に通ったあとカードを発行してもらわなければいけません。お金を受け取るのが翌日以降でもいいというなら家に配送してもらうか、直接プロミスの店舗に行くのが楽でしょう。お金を借りるのもこんなに便利になっています。

 

プロミスの審査基準徹底分析

プロミスの審査を徹底的に分析して少しでも審査に通る確率を上げて、少しでも審査に落ちる可能性を下げたいものですね。プロミスの審査に通る確率を上げるとは審査項目の理解と正しい情報で申請すること。そしてプロミスの審査に落ちる可能性を下げるためには落ちると分かっているのにプロミスの審査に申し込まないということです。どちらに共通するのも審査のプロセスで求められる情報を正しく理解しようということであります。

 

プロミスの審査は大きくわけて5つの項目があります。どれも欠かすことができないほど大事な項目なのでしっかりチェックしましょう!

 

プロミスの審査ステップ1 属性審査

【属性審査】とは年齢や勤務先、収入などの個人情報のことです。
プロミスの審査では申込者の属性を自動的にスコアリングして点数をつけています。もちろんプロミスはキャッシング業者なので貸したお金を本当に返してくれるのか、判断しなければなりません。プロミスは年齢、勤務先や年収をしっかり判断して属性審査を行います。プロミスの属性審査は以下の項目と言われておりますのでチェックしてみてください!

  • 年齢
  • 職業
  • 雇用形態
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 収入形態
  • 居住年数
  • 居住形態
  • 住宅ローンか家賃の負担額
  • 家族構成
  • 持っている電話の種類
  • 健康保険の種類
プロミスの審査ステップ2 信用情報審査

信用情報審査というのは信用情報機関と連携した審査で、簡単にいうと「信用に当たる人物なのか」を判断するプロミスの審査プロセスの1つです。プロミスだけではなくどの金融業者でも行っている審査の一環で調査機関も公開されています。

 

信用情報機関はあなたの金融事故の履歴を保持しています。どこかで行った金融事故を記録し提携しているプロミスからの問合せで申込者の信用情報を開示。プロミスはそこで信用にたる人物なのか判断します。プロミスで年収や勤務先などの属性審査よりも、信用情報審査の方を重視しています。どこで働く人なのかというのはプロミスの審査にとって重要なのですが、それよりも「この人は貸しても大丈夫なくらい信用できる人なのか」という方が重視されるわけです。

 

信用機関は3種類あります。プロミスの審査には重要な鍵を握っています。
1.全国銀行個人信用情報センター(KSC):http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
 加盟会員は、銀行・政府関係金融機関・信用保証協会・クレジットカード会社・保証会社など。

 

2.株式会社 シー・アイ・シー(CIC):http://www.cic.co.jp/
 加盟会員は、信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジットカード会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・農協・労働金庫・消費者金融会社・携帯電話会社など。

 

3.株式会社日本信用情報機構(JICC):http://www.jicc.co.jp/
 加盟会員は、信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など。

 

プロミスの審査ステップ3 書類確認

プロミスの審査の一環として申込者の情報が正しいのか決定するプロセスです。書類確認とは属性審査で申し込んだ情報が本当に正しいのか、裏を取る段階だと理解していただければいいと思います。プロミスはお金を貸すビジネスですから、申込者から利益を載せて返済できる人物なのか、そもそも本当に実在する人間なのかどうか確認しなければプロミス側にリスクしかありません。
プロミスの書類確認では以下のいづれか1つの書類の提出が必要です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書確定申告書
  • 税額通知書・所得証明書
  • 給与明細書給与明細書

 

プロミスの審査ステップ4 在籍確認

在籍確認がプロミスの審査における最後のプロセスです。
在籍確認とはあなたが申込時に申告した会社情報が本当に正しいのか、本当にそこで働いているのかチェックするためのものです。簡単に言うとプロミスの審査を受けた段階で自分の会社に匿名で電話がかかってくるのです。そこであなたが電話に出る、もしくは同僚があなたの代わりにプロミスからの電話に出ればそこで完了です。同僚が出た場合はあなたの名前を出して本当に在籍していそうなら問題なくOKです。

 

プロミスの審査ステップ5 審査通過連絡

全ての審査ステップが完了すると、プロミスから本人宛に連絡がされます。審査が正式に通り、契約成立ということになれば、プロミスからカードが発行され、お金を借りることができます。急ぎの場合は自分の口座に振込をしてもらいましょう。実際のステップではこれが数時間のうちに行われるので、非常に早くお金を借りることができるようになりました。消費者金融の中でもプロミスは最も有力な業者なので、審査のステップも安心できますね。

 

プロミスを使って多重債務者にならないために

多重債務とはあなたの返済能力を超えた借り入れをしてしまうことです。
自分の返済能力を超えて借り入れをしてしまうと返済がとても大変なことになってしまいます。プロミスを使ったことで多重債務にならないようにしましょうね。この項目ではプロミスの審査を受ける前に多重債務にならないかしっかり考えるものです。例えば、あなたの月収が手取りで25万円だったとして、10万円が家賃、10万円が生活費、だとすると残り使える金額が5万円だったとしますよね。そこから返済をしなければなりません。例えば、アコム、プロミス、モビットに月額15000円ほど返済しなければいけないとしたら、合計で45000円あなたの自由に使える金額は毎月たったの5000円になってしまいます。アコムやモビットにすでに借りているのに、プロミスの審査まで受けてしまったら、審査に通ったとしても返済がめちゃめちゃ苦しくなるのは想像できますでしょうか。借金まみれで生活が苦しくならないためにプロミスを使って多重債務にならないよう以下の項目をチェックしてみてください。

  • 家計管理による収支の把握
  • まず自分がいくら稼いでいくら使うのか、いくら使わないのかを把握することが多重責務にならないようにするために一番大事なことです。少しむずかしい言葉を使うと、収入、支出、貯蓄を数字で把握するということです。月いくらの収入が入って、いくら支出するのか、プロミスの審査を受ける前に少し考えてみてください。

     

  • 本当にそのお金が必要なのか考える
  • キャッシングは借金です。借りたものは返さなければいけません。プロミスからお金を借りるのなら、プロミスにそのお金を利息を乗せて返済しなければいけません。ですから、本当にそのお金が必要なのかよく考えましょう。ギャンブルで借金しても、親の葬儀で借金してもお金はお金です。本当にそのお金、必要ですか?プロミスの審査を受ける必要がありますか?よく考えましょう。

     

  • キャッシングの契約を理解する
  • プロミスをはじめキャッシング業者にはリボルビング方式を採用している契約がほとんどです。
    リボルビング方式の特徴は
    ・決められた利用限度内で何度も繰り返しお金を借りることができる
    ・最低支払額であれば自由に返済額を決めて返済できる
    デメリットとして、
    いつでも借りれるので返済が長期化してしまうという点があるのを覚えておいてください。残りの返済額が10万円くらいになったとして、欲しいものがまた出来てキャッシングすれば返済額がまた増えてしまいますよね。そういった意味で多くの人は借りて返してまた借りるという流れから抜けられなくなってしまうケースももちろんあります。プロミス以外の業者から借り入れを繰り返しているとやがて借金は膨らみ、多重債務になってしまいます。キャッシングの契約を理解してからプロミスの審査を受けましょうね。

     

  • 返済額を確認する
  • プロミスから借り入れをする前に、利息、手数料、毎回の支払額、総支払額を確認してキャッシングを利用しましょう。
    借りたお金に借りた利息分を加算後、返済する日にちで割ってあなたが返済する額と機関について把握してください。多重債務者の特徴として、返済額がいくらなのか分かっておらずキャッシングをしてお金を支払い続けるケースが増えています。これはかなり危険なので気をつけましょう。収支の項目でも述べましたが、返済額の確認をして毎月いくらお金が必要なのか計算する必要があります。
    プロミスから借りたお金の返済額と返済総額早わかり表

    借り入れ金額 返済期間 返済回数 毎月の返済額 返済する合計金額
    100,000円 1年計算 11回 10,000円 109,043円
    100,000円 3年計算 32回 4000円 125,864円
    500,000円 1年計算 12回 46,000円 549,288円
    500,000円 3年計算 34回 19,000円 638,578円
    1,000,000円 1年計算 12回 91,000円 1,082,456円
    1,000,000円 3年計算 36回 35,000円 1,244,878円
    1,000,000円 5年計算 60回 24,000円 1,421,355円

     

  • 返済計画を立てる
  • 返済できる計画を立てずにプロミスからお金を借りることはかなり危ないです。自分の月の収支がいくらでいくらまでなら返済できるのか把握してからお金を借りる審査を受けましょう。プロミスへの返済計画を立てる時のポイントは毎月生活する上で必要なお金を全体の収入から引いてから残ったお金のなかで返済できるか?が大事になります。ギリギリな金額ではなく、余裕持って返済できるようにその金額で借り入れしましょう。

     

  • 本当に困ったら早めにプロミスに相談する
  • 返済に困るようなことがあったらまず誰かに相談しましょう。一人で考えていても借金は膨らむばかり。精神的にも追い詰められます。そうならないよう、借金に困ったらプロミスに相談してみましょうね。返済が困難になった場合に関しては、「任意整理」、「特定調停」「自己破産」などの選択肢があります。もちろんこれらは最後の手段ですが、予め覚えておいた方が良いでしょう。

 

以上がプロミスを利用して多重債務者にならない方法です。
これらに注意していれば、プロミスの審査に通った後も安心して利用できますよね!キャッシングは借金で借金は返済する義務があるので、そもそも本当にプロミスの審査を自分は受けるべきなのか考えてもいいかもしれませんね、

 

プロミスの審査の時に注意すべきところ!

プロミスでお金を借りるそもそものきっかけは「お金が借りたい」という気持ちだと思います。ですが、そんな審査時の焦りを狙って近年ではプロミスを始め、消費者金融の利用者を狙った金融犯罪などが巧妙になったり、複雑になったりしています。これはプロミスの審査とは直接関係ないのですが、トラブルになりそうなものを防ぐ目的で私はプロミスの審査と密接に関係していると思っています。もし、悪質な詐欺や業者などに引っかかれば、もちろん責任を問われる可能性もありますし、かなり面倒くさいことになります。そうならないためにもこの項目は必見ですので、プロミスの審査を受けようと思っている方は要チェックです。詐欺に引っかからないために以下項目には気をつけてください!

  • 紹介屋
  • 紹介屋とは甘い謳い文句を武器にあなたにプロミスとは関係のない金融業者を紹介してくる人間です。例えば、「他社で審査に落ちてもOK」、「ブラックでもOK」、「債務整理中でもOK」、「自社独自審査」など普通ならありえないような広告で人を集め、悪質な金融業者にあなたを紹介し、紹介料を騙し取ってきたりします。個人情報を悪用したりするので、プロミスの審査以外では絶対に勤務先や住所、年収などは絶対に言わないようにしましょう。基本的にお金が絡むと人間は変わります。どんな親切そうな人間も疑う心を忘れないでください。

  • 名義貸し
  • 名義貸しとは誰かの代わりに自分名義でキャッシング契約を結ぶこと、もしくは自分名義を誰かに貸すことを言います。「自分は名義を貸しただけ」だからなんて軽いように考えているとかなり痛手を負います。名義を貸して起きたことは全てあなたの責任で問われます。例えば、プロミスのカード作ってくれない?代わりにプロミスの審査受けてくれない?などです。そもそもちょっと考えてください。犯罪に使って自分が逮捕されないように他人の名義を使って取引する訳ですから、貸した名義で悪いことをされるのは当然だと思ってもいいでしょう。最近の事件では「カード会社のアルバイト」とかいう名目で何も知らない人に複数のキャッシング業者と契約させて数千、数万円の「バイト料」と引き換えにあなたのカードを騙し取ったりするくらい巧妙なので、わりが良すぎるバイトは気をつけましょう。

  • ニセ社員
  • ニセ社員とは簡単にいえば、プロミスの自動契約コーナーやATMコーナーにプロミスの社員を装って、あなたの暗証番号やカードを盗み取る詐欺師です。プロミスにおいては社員が立ってることなんてありませんので安易に応えるのは気をつけましょう。初めてキャッシングするときなんかは本当に不安ですよね。その心のスキに漬け込んでありえない方法で詐欺を働きます。カードや暗証番号を盗まれると、プロミスのカードでも厳禁を勝手に盗まれたりしますので、気をつけましょう。プロミスの審査に通ってホッとしているところを狙ってきますので、お金を借りるまでは気を抜くのを止めましょう。

     

  • カード現金化
  • カード現金化とは商品を後払いする目的で使用できるショッピング枠の金額を換金目的で使用することを言います。まず、最初に言っておきますが、現金化を目的にプロミスのクレジットカードを使用するのは犯罪です。プロミスの退会の可能性があるだけでなく、あなた自信が詐欺で訴えられる可能性がありますので絶対に止めましょう。「カード現金化」など怪しい文言が怪しい場所にあったりします。そこに入ると怪しげなカウンターがあり、新幹線のチケットなどを購入しろなどの指示があります。つまり金券ショップで換金できるような商品を買ってこさせ、そのチケットを買い取るなどしてカードの現金化をしようとする行為です。審査に通らず、すぐにお金が必要な人は何も考えず安易に言われたとおりにしてしまいます。これは立派な犯罪なので絶対に止めましょう。

     

  • フィッシング詐欺
  • フィッシング詐欺とはプロミスを名乗るウェブサイトやメールなどがあなたの元に届き、アクセスすると個人情報を入力する画面に進みます。いかにも本物のサイトを装ってあなたのことを騙し、不正にパスワードや個人情報などを取ろうとするので、怪しいサイトやメールには絶対に気をつけましょう。プロミスの審査では公式サイトのみ信じてください。プロミスから審査情報の入力を煽るようなメッセージが届くことはありませんので、気をつけましょう。

     

  • 貸します詐欺(融資保証詐欺)
  • 貸します詐欺とは融資しないのにもも関わらず、「支払い能力を確認する」などの口実で一度現金を振り込ませそのまま逃げられる詐欺です。プロミスが融資よりも先に現金を口座に振り込ませるなんてことは絶対にありませんので、気をつけましょう。融資保証詐欺とも呼ばれ、意外に引っかかる人が多いみたいです。審査に落ちてどうしようもないと思った時にこういう詐欺をしてくる人やチラシが目につきますので、契約する業者が正規のものなのかチェックしましょう!

 

プロミスの審査についてネットのウソ・ホントを一問一答

プロミスは正社員でないと審査に落ちる?

正社員ではないとプロミスの審査に落ちるか心配する方が多いですが、全くそんなことはありません。条件としては20-65歳までの一定の収入がある方が対象になります。正社員ではないと落ちる可能性としては毎月の収入が安定していない場合や総量規制をオーバーして既にプロミスからお金を借りれない状態などがあります。

 

ですから、正社員ではないと審査に落ちるというのは間違いです。
申し込みの段階で嘘をつかずしっかり記入し申し込んでみましょう。例えばアルバイトで年収300万円程度、毎月20万円程度の収入がある方がでしたらプロミスの審査に通りお金を借りることができました。例でもありますが、重要なのは正社員かどうかではなく、安定している収入があるかどうかにかかっている場合が多いです。

 

今、正社員ではないことが原因でプロミスの審査に挑むことを恐れているようでしたら、それほど心配することはないでしょう。毎月安定的な収入があるのか自問自答して第条だと思ったらプロミスの審査に申し込んでみてください。

 

プロミスは低年収だと審査に落ちる?

定収入の定義にもよりますが、定収入というのは年収200万円以下のことを指すようです。では年収200万円の方はプロミスの審査に通ることができるのか気になりますよね。一点注意が必要なのですが、定収入と無収入は異なります。プロミスは消費者金融なので年収の3分の1しかお金を借りることができません。言い換えると、年収が0だとお金を借りることができないということです。これを踏まえ、年収200円未満の方がプロミスの審査を受ける場合について考えていきましょう。

 

まずプロミスの審査はスコアリングシステムというものを採用しており、あなたが申請する情報を点数に返還します。この段階で200万円以下だと落ちる傾向にあると言われております。ですが、これはスコアリングシステムの評価軸の1つでしかないので、他の要素での点数が高ければお金を借りることができます。

 

実際年収200万円程度でも審査に通る人は多くいます。
他の消費者金融からお金を借りている場合を除けば、200万円の3分の1まで法律では決まっています。多くの方は初回プロミスからお金を借りるとき50万円以下なのであまり心配しないでいいと思います。

 

プロミスは勤続年数が短いと審査に落ちる?

プロミスが勤続年数も審査で考慮に入れるのは当然です。
プロミスなど金融業者はお金を貸す時に「返済能力」に注目しています。つまりこの人はお金を貸したらしっかり返してくれるだろうか?ということですね。

 

勤続年数は具体的にどれくらいあったらいいのか?ということですが基本的に1年以上あれば問題ないと思います。新入社員の場合は1年未満ですがそれを加味して審査をしてくれるので、これは問題ないです。基本的に仕事を初めて数日とかだとスコアリングシステムでは点数の加点が低いので総合点で落ちる可能性があります。この点注意が必要ですね。プロミスの審査だけでなくどの金融業者もこの点は同じなので1年以上の方は安心してください。当然のことですが、勤続年数が長ければ長いほど年収も上がりますので、プロミスの審査に通る可能性に通る可能性は高まりますね。

 

プロミスの審査についてのまとめ!

プロミスの審査についてどのページよりも徹底的に解説してきました。最後に簡単なおさらいをさせていただきます。プロミスの審査における大事なところのみまとめていますので、詳細を知りたい方はページ上部から再度お読みください。

 

プロミスの審査チェックリスト!

  • 安定した収入はありますか?
  • 年収の3分の1以上の他社へのローンはありませんか?
  • あなたの年齢20〜69歳ですか?

 

すべての質問に「はい。」ならあなたはプロミスの審査に通る可能性が高いでしょう。それに加えて嘘をつかないというのは必須です。プロミスの審査時に年収を多く書いたり、職場を嘘ついたりするのはNGです。等身大で審査に望みましょう。ここまであなたにプロミスの審査について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?ここまで読めばキャッシングが初めてだとしても問題ありません。プロミスの審査に申し込みましょう!